ピッカジーンプライマーCW

“ピッカジーンプライマーCW”は、ピッカジーンベクター(PGV)群のマルチプルクローニングサイト(MCS)の上流から、下流のルシフェラーゼ遺伝子(luc)方向(CW:clockwise 時計廻り)への塩基配列決定操作に適しています。

概要

“ピッカジーンプライマーCW”は、3'と5'末端に水酸基を持つ20塩基のオリゴヌクレオチドです。本プライマー は2 重鎖DNAテンプレートのシークエンシングに使用できますが、「ピッカジーンベクター2(PGV-2)」や「ピッカジーンベクター(PGV)」のf1起点(f1 origin)から生成されたDNAテンプレートの塩基配列決定操作には使用できません。

■ 塩基配列

5’ TGT ATC TTA TGG TAC TGT AAC TG 3’(23 mer)

■ 容量

2μg 凍結乾燥品(264pmol)

■ 分子量(無水)

7,575

■ 調製法

264μl の滅菌TEで溶解すると、終濃度1pmol /μl となります。

■ 保存法

凍結乾燥品、および溶解させた状態ともに-20℃で保存して下さい。

■ PGV 配列とプライミング部位
PGV 配列とプライミング部位

ピッカジーンプライマーCCW

“ピッカジーンプライマーCCW”は、ピッカジーンベクター(PGV)とピッカジーンベクター2(PGV-2)上のルシフェラーゼ遺伝子(luc/luc+)からマルチプルクローニングサイト(MCS) 方向(CCW:counter-clockwise 反時計廻り)への塩基配列決定操作に適しています。

概要

“ピッカジーンプライマーCW”は、3'と5'末端に水酸基を持つ20塩基のオリゴヌクレオチドです。本プライマーは2 重鎖DNAテンプレートのシークエンシングに使用できますが、「ピッカジーンベクター2(PGV-2)」や「ピッカジーンベクター(PGV)」のf1起点(f1 origin)から生成されたDNAテンプレートの塩基配列決定操作には使用できません。

■ 塩基配列

5’ CTT TAT GTT TTT GGC GTC TTC CA 3’(23 mer)

■ 容量

2μg 凍結乾燥品(264pmol)

■ 分子量(無水)

7,575

■ 調製法

264μl の滅菌TEで溶解すると、終濃度1pmol /μl となります。

■ 保存法

凍結乾燥品、および溶解させた状態ともに-20℃で保存して下さい。

■ PGV 配列とプライミング部位
PGV 配列とプライミング部位

ピッカジーンプライマー2 CW

“ピッカジーンプライマー2CW”は、ピッカジーンベクター2(PGV-2)のマルチプルクローニングサイトの上流から、下流の新・ルシフェラーゼ遺伝子(luc+)方向(CW:clockwise 時計廻り)への塩基配列決定操作に適しています。

概要

“ピッカジーンプライマー2CW”は、3'と5'末端に水酸基を持つ20塩基のオリゴヌクレオチドです。本プライマーは2 重鎖DNAテンプレートのシークエンシングに使用できますが、「ピッカジーンベクター2(PGV-2)」や「ピッカジーンベクター(PGV)」のf1起点(f1 origin)から生成されたDNAテンプレートの塩基配列決定操作には使用できません。

■ 塩基配列

5’ CTA GCA AAA TAG GCT GTC CC 3’(20mer)

■ 容量

2μg 凍結乾燥品(304pmol)

■ 分子量(無水)

6,568

■ 消衰係数(260nm)

2.2×105(M-1cm-1

■ 調製法

304μl の滅菌TEで溶解すると、終濃度1pmol /μl となります。

■ 保存法

凍結乾燥品、および溶解させた状態ともに-20℃で保存して下さい。

■ PGV-2 配列とプライミング部位
PGV-2 配列とプライミング部位

ピッカジーンプライマー2 CCW

“ピッカジーンプライマー2CCW”は、ピッカジーンベクター2(PGV-2)の新・ルシフェラーゼ遺伝子(luc+)の下流からBamHIやSalIの上流方向(CCW:counter-clockwise 反時計廻り)への塩基配列決定操作に適しています。

概要

“ピッカジーンプライマー2CCW”は、3'と5'末端に水酸基を持つ20塩基のオリゴヌクレオチドです。本プライマーは2重鎖DNAテンプレートのシークエンシングに使用できますが、「ピッカジーンベクター2(PGV-2)」や「ピッカジーンベクター(PGV)」のf1起点(f1 origin)から生成されたDNAテンプレートの塩基配列決定操作には使用できません。

■ 塩基配列

5’ GAC GAT AGT CAT GCC CCG CG 3’(20mer)

■ 容量

2μg 凍結乾燥品(304pmol)

■ 分子量(無水)

6,570

■ 消衰係数(260nm)

2.1×105(M-1cm-1

■ 調製法

304μl の滅菌TEで溶解すると、終濃度1pmol /μl となります。

■ 保存法

凍結乾燥品、および溶解させた状態ともに-20℃で保存して下さい。

■ PGV-2 配列とプライミング部位
PGV-2 配列とプライミング部位
新着情報
製品紹介
ATP関連試薬紹介
会社概要・お問合せ

▲ このページのトップへ