あまみごえ

東洋ビーネットのフルーツブランド

東洋ビーネットのフルーツブランド

   あまみごえについて

「あまみごえ」とは?

一般的な露地での果樹栽培とは異なり、「ボックス栽培法」を採用。   「スマートアグリ」によって果実に適した育成環境を作り、ITによって管理されたハウスの中で栽培された、従来にない甘さの果実です。  今までの「あまさ」を「こえた」果物、それが「あまみごえ」です。
なお「ボックス栽培法」「スマートアグリ」の詳細については、「アグリ事業」のそれぞれのページをご覧ください。



どんどん増える仲間たち

栽培初年度となる2015年度は、人気の高い「マンゴー」(5種類)、 および「高級葡萄」(11種類)からスタート。 その果実が、2016年の夏から秋に掛けて初収穫を迎えます。  2016年度はハウスを拡張し、マンゴーの栽培量を増やすと共に、葡萄の品種追加を行います。 さらには「桜桃」(さくらんぼ)や「桃」などの栽培も順次開始する予定です。 「あまみごえ」はこれからも増えていきますので、どうぞお楽しみに!
栽培果物の詳細については、メニューの「栽培品種」をご覧ください。


川越セレクションに認定!

2016年4月、「あまみごえマンゴー」および「あまみごえ葡萄」が、「川越セレクション」に認定されました。  この「川越セレクション」は、川越地区において生産・製造された産品について、小江戸川越観光協会が審査し、全国に誇れるブランド品であると認定したものです。  これにより、あまみごえマンゴー・葡萄を「川越セレクション」として販売することが可能となり、全国へのアピールを通してさらなる知名度アップに繋がります。